自律神経の乱れとダイエット

自律神経が乱れると何が起こる・・・?

 

その一つで興味を持たれる方が多いのが、ダイエットとの関係性です。

ズバリ言うと、ダイエットは自律神経が整っていないと絶対に上手くいきません。

 

基礎代謝の話はよく出てきますが、

基本的に筋肉量との関係についての話題は耳にします。

 

しかし、筋肉が多い人の脂肪が少ないかどうかというと、ちょっと疑問ですよね?

 

筋肉も脂肪も多い。

つまり両方足してなんとなく体重が多いとか、悪い言葉を使えば「デカい」という人もいますし、

その反対に筋肉が少なくて脂肪も少なくて、「ガリガリ」という人もいるわけです。

 

本当に筋肉量と基礎代謝というのが関係しているのか?

 

 

もっと大切なことは「体温」です。

 

体温調節は自律神経の仕事。

 

 

日中に体温がしっかり上がるということが、

ダイエットを成功させるために、

筋肉が多いか少ないかより大切です。

 

 

なんとなく人より寒い

体が冷たい

ストレスを感じる

睡眠が取りづらい

肩が凝る

 

そして太りやすい・・・

 

 

 

こんな状況にある方、自律神経に目を向けてみては?

 

 

スタジオコアの自律神経整体、始めて早々多くのお問い合わせをいただいております。

 

 

初回相談は無料で行っておりますので、是非お気軽にお問い合わせください。

>>自律神経整体の詳細はこちら

 

スタジオコア代表・小澤

 

 

 

「なんでうちの子頑張ってくれないの!?!?!?」というお悩みをお持ちの方へ

 

「なんでうちの子頑張ってくれないの!?!?!?」

 

____________

 

子供(学生)達のスポーツ指導にも当たっていますが、近年、親子の関わり合いや教育について議論されることが多々あるわけです。

 

・親が過保護、過干渉になることで子供が潰れている(水のやりすぎで根が腐る現象)

・親が見守ってくれない(過放置)によって子供が自信を失っている

 

両方あって、そのバランスははっきり言って答えがない。

 

ただ一つ言えるのは、どちらも「〇〇過ぎ」つまり、そこそこその周辺ならそんなに問題はないということで、問題はなぜそういった事態になるのかです。

 

・子供に依存している

・自分の不満をぶつけている

・自分が不満なためにかまってられない

 

これって・・・教育方法を考えたりすることより、単純に大人が自分自身をそこそこ満たせていないということに問題があるのです。

 

承認欲求を子供にぶつけているのが大きいわけで。

モンスターペアレントなどはまさに承認欲求の塊です。

 

※そこそこ以上を満たすことは多分不可能ですが・・

 

 

ということで僕はスタジオコアで何をしたいかというと、大人が楽しんだり癒されたりする場所を作りたいんです。

そうすることで本来の教育が円滑なものになると思うからです。

良い意味の「適当」を作れると思うからです。

 

 

子供のための〇〇教室、も良いのですが、はっきりいって今の子たち忙しすぎて顔が死んでます。

 

※うちの〇〇教室は、顔が死んでる子はお断りします。全くその子のためにならないと思うので。

 

 

月曜日は水泳行って♪

火曜日は英語を習い♪

水曜日は書道とピアノ♪

木曜日は嫌いな体操♪

金曜日は唯一の休み♪

土曜日はサッカークラブ♪

日曜日もサッカークラブ♪

 

 

僕が当事者だったら、あぁ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜疲れた〜〜〜サボりて〜〜〜〜死にてぇ!!!!!

ですよ。

 

好きな女子追っかけたいし、友達とべちゃくちゃしたいですよ。

 

 

思い出してみれば、自分自身も子供の頃は恋愛や友達関係で悩みまくり・・・

どれだけそれで人間を学んできたか。

 

 

コミュニケーション取れて字が下手な後輩と

字が綺麗でコミュニケーション取れない後輩と

 

どっちと仕事したいですか?

っていう話ですよね。

 

 

生きる力は大人がエゴで与えるものでは期待するほど身につきにくいのかなぁ。

 

 

大人のエゴで子供にいろんなものを与えすぎるのは、

サプリメントとか健康食品食べさせまくって普通のご飯を味わえてないのと一緒で。

 

 

ビタミンうんちゃらとかドコサうんちゃらエン酸とかを局所的に与えるあまり、バランスを崩して栄養失調に。

 

 

大人が満たされて、「子供に何かしなきゃ!!!!!ぐわーーーーー!!!!」みたいな環境をとにかくなくすことで、大人も子供ものびのび。

 

それでやっと子供達の習い事や夢に向かっていく気持ちに火が付くと思うんですよね。

 

 

愛する子供達に色々と期待をすることも大切ですが、、、

「なんでもっと頑張ってくれないの!?」と思っている方。

ちょっと目線を変えて、自分自身を楽しんでみては?

 

スポーツや音楽、そのほかスタジオでできることを通じて、そんな提案をさせていただければと思います。

 

 

スタジオコア・代表 小澤

 

 

 

自律神経の乱れ、多くの方がお悩みのようで・・・

佐藤トレーナーと取り組みをスタートした自律神経整体。

 

多くの方がお悩みを抱えているという現実を知りました。

新設してから毎日、お問い合わせをいただいております・・・

 

お問い合わせをいただけて嬉しい反面、それほど多くの方が毎日のストレスや体の不調に悩んでらっしゃるということですから、喜べることではありませんね。

 

佐藤トレーナーと話していますが、最初はストレスによって交感神経が優位になり、体が戦闘モードに入り、、、

 

戦闘モードでは呼吸が非常に早くなり、その早まった呼吸が癖になってしまっているという状態。

つまり本来であれば休んでいい環境でも、緊張状態を作ってしまう習慣があるせいで、自分から緊張を生んでしまっているという状況。

 

 

頑張ることも難しいですが、

力を抜くことほど難しいことはありません。

 

なぜなら、力が入っているということを自覚できないからです。

 

 

力を抜くにも練習が必要です。

 

 

どうやって体の声に耳を傾けるか。

これはよくあるスピリチュアル的な話ではなく、

ちゃんと脳や神経のことを考えればその仕組みから理解できます。

 

 

より多くの、頑張ることが得意な皆様、それによって疲れてしまった方のお力になれれば幸いです。

 

 

スタジオコア代表・小澤

ブログ再始動!スタジオコア代表の小澤です

スタジオコアのブログを書くのは久しぶりで・・・

というのも、2013年に開業したこのスタジオコア。

最初は一人でアパートの一室で始めたわけですが、今では一緒にスタジオを盛り上げてくれている強烈なトレーナー陣に恵まれ、みんながそれぞれの分野でプロフェッショナルなので、もう現場をほとんど退いております。(きっと邪魔なので笑)

 

ダイエットは床尾トレーナー

女性の整体は宮川トレーナー

ベビーヨガなどの団体レッスンを土屋トレーナー

音楽教室を新設して田村先生、徳泉先生

自律神経整体も佐藤トレーナーとスタート

 

 

スタジオコアで、スポーツや体に関することを通じて松本で「楽しい」とか「快適」とか、「〜〜を頑張る!」そういう気持ちをサポートして、生活の中に充実感をプラスしていくことのきっかけになれたらと。

別に体に関することだけじゃなくていいなという安易な発想で音楽も始めたり。

 

これからどんどん色んなプロフェッショナルと協力して良い場所にしたいという想いでおります。

 

何回も書きますが、僕は誰かの弟子という人間が嫌いなので、お客様に僕の弟子という人を紹介する気はさらさらありません。

全員その分野で僕よりすごい人、熱い人じゃないと紹介する意味ないですよね。

 

 

そんで小澤は何をやってんだ?ということを聞かれそうですね。

僕はゴルフのトレーナーとして実はひっそり活動し始めまして、勝手に理論を作って配信していたところ

youtubeチャンネル登録者約5万人

プロ契約述べ7人(うち一人はシード選手・・・)

 

 

自慢ではありませんが、自慢できることが少しできるくらいのところまでは頑張っております。

(完全に自慢なので、きっと10%くらい嫌われましたね。泣)

 

今はスタジオコアにいる機会がぐっと減ってしまっているのですが、スタジオを周りのプロフェッショナルが勝手に作っていってくれて僕も安心して猛進しております。

 

お陰様様です。

 

 

最近思うことが多々あり、もっと徹底的にこのスタジオが喜んでもらえる場所になるためには、何と言っても代表の自分がちゃんとしないといけないなと。

その場所にいなくてもなんとなく良い空気を保てるように。

(良い場所かどうかって、なんとなくの空気で分かっちゃいますよね。たぶん。)

 

みんなには代表らしくなくて申し訳ないといつも思ってますが、思ってるだけではいけないので、ここにスタジオコアとしてどんなことをしたいかを書こうと。

 

 

代表がどんな人間なのかというのがそのままスタジオに反映すると思いますし、僕の文章をここに残すことで

「あ、自分に合った場所かもしれないな」「ここは私には合わないかな」とか、0よりは何か感じてもらえた方が良いと思うので、頑張って発信していきます。

 

お楽しみに・・・

 

(最初からオチのないつまらない文章だったので、くれぐれも次号からお楽しみに・・・)